レジン(樹脂)を使った造形アーティスト・山口らむね (ramuneid.)◇雑記ブログ

[ramuneid.](ラムネイド)というブランド名でレジン(樹脂)作品を制作しています。 UVレジンは仕上げ程度に使用していますがメインに使用している素材はエポキシレジン(2液タイプ)です。作品関連だけではなく日常のことも書いています。

2008年にエポキシ樹脂(2液性レジン)を使った造形を始め、2015年からオーダーメイドを始めました。さらに2016年からは大型イベントにてオリジナルデザインのレジンアクセサリーを展示・販売。同年の秋からはオリジナルのレジンパーツを使ったアート作品を制作中。
レジンアクセサリーは全て原型制作から手掛けています。

作品関連だけではなく身の回りにおける日常や雑感的な記事も書いています。

こんばんは~(o'ー'o)ノ

本日はついにアートブックが届きました!
確認後、すぐに最終仕上げ(一番最後のページが私の手作業仕上げなのです)を全冊仕上げました。




201971811192

ちなみに1冊だけ検品してみたところ、一番懸念していたページ表記の位置間違いとか(←これが私の中で一番怖い!笑)、誤字脱字などのミスもなくおおむね大丈夫そうでした。

そして印刷の性質上、いつも濃く仕上がってしまうので、今回画像の色をわざと強めに明るくしたのは正解でした。


毎年仕上がりまでドキドキしますが、今回は私の中でも確実に前年以上の作品が仕上がったので、心の底から良かったと思っています!笑







ちなみにこちらが今回のオマケ(付録)です。
私のアートブック史上最高のクオリティ!と、自負しております。

20197189297

5月に先行予約をしてくれたお客様から、“これ、アリスのウサギをイメージしてますよね?♡”と嬉しいお言葉をいただきました。(その通りです♪)







明日21:00よりhttps://ramuneid.thebase.in/にて販売開始ですので何卒よろしくお願いいたします。

詳しくは、明日の昼間(15:00くらいまで)にまたこちらにて告知させていただきます。




というわけで今日はそんな感じです。
それではまた!(๑ ᄇ )ノ"



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



お問い合わせはコチラのバナーからどうぞ。
(パネル作品につきましてはオーダー承っております。お気軽にお問い合わせください)







​───────​───────

【出展・販売(2019年)のお知らせ】




★2019年7月19日(金)~31日(水)

Ramune N. Resinart (ramuneid.)
Art Book 2019 [Retrospective.]
19日 21:00販売
限定24冊・付録つき
(先日終了した先行予約枠もあるので、実際の販売冊数はこれより少ないです)



★2019年 9月26日(木)~30日(月)
【初の二人展】sizle(シズル)さんと二人展 

タイトル「カラー・メルト」(仮)
場所:PENSEE GALLERY (群馬県桐生市)
ギャラリーURL http://penseegallery.com/






​───────​───────


Facebook
ramuneid.resinart


Instagram
ramuneid



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

こんばんは。昨年の今日(2018年7月16日)、私は初の個展で炎天下のなか毎日渋谷まで通っていました。

実は昨日も渋谷で用事があり(ここ1週間は一日置きのペースで渋谷方面に所用がありました)、ギャラリー方面を見て懐かしくなりました。あの時の出会いが今に繋がり、そこから私を応援してくださっている方と出会ったのも(1年前の)昨日だったので、感慨深くなりました。

だからこそこの機会に、2回に分けてですが
「私というアーティストの、個展重視の話」
をしたいと思います。







さて、初の個展を行なった昨年から(私の中でのみ生きる)確固たる持論なんですが、タイトルにもあるとおり「個展はセルフプロデュースのワンマンライブだ」って思っているんです。


すべて自分で空間を設営して、すべて自分でプロデュースした数日間のギュッと濃縮した時間をお客さんにお届けする。その毎回の出会いと思い出が次の作品に落とし込まれていく。

そして今は「芸歴2年目」の気持ちで背伸びせず、飾り立てることもせず、ただただひたむきに目の前のことを一生懸命やっていく。

それがワンマンライブたる所以です。





そんな泥臭いスタンスだから作風とのギャップといいますか、スマートとは程遠い(笑)。

けどそれが私に出来ることであり、私がアーティストとしてありたい唯一の生き方なんです。
だからおいしいとこだけ参考にしたい作家さんにとって全く参考にならないんだと思います(笑)。

それどころか、時には「大変ですね」と作家さんから同情をされてしまうくらいです。しかし、常に活動と向き合っていれば当たり前すぎることだし、私の場合はこれでも甘すぎると思っているくらいなんですが…。






あくまで私の主観でしかないのですが、私の面識ある作家さんでここまで個展「のみ」にこだわる人もそこまであまりいらっしゃらないどころか、自分で在廊するのを苦手としている方もいらっしゃるので「私の考え方は暑苦しいんだろうなあ…」と勝手に感じてしまいます。


けどお客さんが喜ぶ事が第一!だし(余韻を持ち帰るという意味でも)作品を連れて帰ってくれたらそれが何よりじゃん?と私は思っています。

そして、そういった「個展重視」の作家さんは実は世の中に結構いらっしゃるんですよね。
(当然のことながら面識はないケースがほとんどなので、陰ながら勇気をいただいています)





私は日々の楽しさが活動のエッセンスになるのはもちろんですが、同時に苦悩ですら活動に活きると思っています。そして、いつだって「来てくれた(買ってくれた)お客さんを真っ先に喜ばせたい」と思っています。

その気持ちがお客さんに伝わっているのを知ると、私こそ何倍も嬉しくなってしまうのです。


その感覚が忘れられないからこそ、例えかなりのプレッシャーに押しつぶされそうになっても毎年数回の個展をやり続けたいのです。

もちろんイベントにはイベントしかない出会いもあるし、グループ展はグループ展でとても素晴らしい場だと思っております。






そうそう、あとひとつだけ伝えたいことが!

このブログをいつも読んでくださっている方々は理解ある方々がほとんどですのでわざわざ気にすることもないのかなとは思いますが、今回の記事は個展以外の展示スタイルを批判するという趣旨は一切ございませんことを、念のため今一度しっかり伝えさせてください。



201976171134




周りから良く聞くグループ展のお誘いの「お誘いありがとうございます!」というやりとりに憧れることも正直あったのですが。

今はあくまでも一対一とか、一対数人とか、一対沢山の方々と接するスタンスで私は楽しく活動をやらせていただけたらと思います。






ではなぜ、2016年を以てデザフェスなどのイベントには数回で参加しなくなったのか。

ズバリ「自分の作風には向いていないから」という理由ですが、なぜ向いていないのか。それを後編で書いていきたいと思います。




というわけで今日はそんな感じです。
それではまた!(๑ ᄇ )ノ"



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



お問い合わせはコチラのバナーからどうぞ。
(パネル作品につきましてはオーダー承っております。お気軽にお問い合わせください)







​───────​───────

【出展・販売(2019年)のお知らせ】




★2019年7月19日(金)~31日(水)

Ramune N. Resinart (ramuneid.)
Art Book 2019 [Retrospective.]
19日 21:00販売
限定24冊・付録つき
(先日終了した先行予約枠もあるので、実際の販売冊数はこれより少ないです)



★2019年 9月26日(木)~30日(月)
【初の二人展】sizle(シズル)さんと二人展 

タイトル「カラー・メルト」(仮)
場所:PENSEE GALLERY (群馬県桐生市)
ギャラリーURL http://penseegallery.com/






​───────​───────


Facebook
ramuneid.resinart


Instagram
ramuneid



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆