タイトルの言葉は先日、ある方とLINEで会話していた時に良い意味で衝撃的だったので、月末だしまとめてみようと思いました。




ここでいう「変人」、それは限界まで自分らしく過ごしているという挑戦をしているということ。

これまでの数年間で、ようやく「変人」であった事の伏線を回収できたのだと実感しました。
(自分で言うのはとても恥ずかしいのですが、便宜上そう自覚させていただきます)







というのも先日、高校時代からの友人が親戚の結婚式に出席ということで上京していたのでスカイツリーの近くでお茶してきました。



201892918348



その時に私がもうすぐ「アクセサリーのオーダーをやめる」という事で仕事の話になり、その流れで友人が “周りは保母さんとか看護婦さんばかりだから、作家さんなんてすごいよ!” と、嬉しそうに言ってくれたんです。


逆に、私の周りは色んな職業の方がいるから自分の仕事でさえ(大きくカテゴライズしたら)「普通の仕事」って思えてしまうんですね(笑)。








でもその前…今やってる事を仕事と自覚するまでは、保母さんとか看護師さんの友人がめちゃめちゃ羨ましくて。


高校時代の進路といえば、大体が私以外は「〇〇になる!」ってちゃんと決まっていて、私はその時に「〇〇になりたい!」と思える仕事が見つからなくて(働く事が嫌だったわけではない)、いくら自分の将来の事を考えても想像してみても、私だけは真っ白だったんです。

濃いもやの中に、一瞬だけ会社で働く画が想像できても、基本的には真っ白。
「え、わたし大人になる前に死んでんのかな?!」って思って怖くなってしまったほどです(笑)。



だけどこうして生きてるし、病気や事故で生死をさまよったわけではなかった。
じゃあ、なんで想像できなかったのか。



きっとそれは

その時に「レジン」の存在も知らなければ、いまこうやってオーダー受けたり展示したりしているなんて想像つかなかったから。


そう私なりに気付けたのはここ数年の話です。



でも高校時代の当時からお菓子なりぬいぐるみなり「作る」という行動は好きだったから、断片的には好きな事が活かされているんですよね。

そこから伏線は張られていたのかもしれません。








どう変人だったかは長くなるんでここでは話しませんが、人と違う事をしているからにはやや特殊な悩みも少なくありません。
(そんな深刻ではないのかもしれないけど)


でも、幸い同調してくれるというか共感してくれるというか、そんな人はいます。

めんどくさい事はあるよね~って言ってくれるだけで満たされるものですから。


覚悟はしているけどストレスを溜め込んでたら、途端に自分らしくなくなっていく気がするんですよね。






これからも、限界まで自分らしく過ごしているという挑戦をし続けていきます。


かつて「普通」に憧れたけど今こうして「普通」とは違うことをしている。

そしてそれがとても幸せだと感じている、私だけの人生なんじゃないでしょうかね✨




わたしの活動が誰かにとって、日頃見ない景色を見せてくれるような存在であれば幸いです。

そんなお話でした。














そしてアクセサリーのオーダーですが、明日でオーダーを締め切らせていただきます。

(詳しくはまた明日、更新しようと思ってます)



既にいくつかフルオーダーの制作に取り掛からせていただいています。

こちらは今のところ全て年内に発送できるかと思いますので引き続き楽しみにしていてくださいませ!



2018927214351

アルファベットはオーダーではありませんが、こちらは主に平面作品の原型として使用します(๑•∀•๑)








というわけで今日はそんな感じです♡
それではまた!(๑ ᄇ )ノ"



★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆



お問い合わせはコチラのバナーからどうぞ。
(2018年9月30日をもちましてアクセサリー系のオーダーを完全終了いたします)






*******





【次回出展(~2019年 上半期)のお知らせ】



★2018年 12月中旬
8組の作家さんとアートブック展
場所:都内


★2018年 5月23日(木)~26日(日)
【初の関西】某アトリエにて個展 
(タイトル未定)
場所:大阪府大阪市







Facebook
ramuneid.resinart


Instagram
ramuneid



★☆★☆★☆★☆★☆★☆