こんにちは



らむねのレジン歴⑤
原型制作に踏み切った時の話」

を書きたいと思います。




《これまでのあらすじ》

らむねのレジン歴①「私がエポキシレジンを始めたキッカケ~最初はどんなものを作っていたのか」

らむねのレジン歴②「レジンアクセサリー作家になりたいと思ったキッカケ」

らむねのレジン歴③「実は作品が雑誌に載った事がある話」

らむねのレジン歴④「レジンをやめたいと思った時の話」






レジンの技術が上がってきて
ついに原型制作に踏み切ったのは
2013年4月です。


当時はなぜか×モチーフが好きで
こちらのパーツを原型から
1000粒を
1ヶ月かけて作っていました。



こんなパーツを作っていました。
※関連記事


こちらの関連記事のとおり
今は原型からパーツそのものまで
処分してしまいました。

汎用性がなかったからです。


しかも
じゃらじゃらと何粒にも付けるには
パーツが大きすぎたのです。
(1粒あたりおよそ1㎝)

それになぜか頑なに
×モチーフしか頭になかった。





「これじゃ万人受けしないよなぁ」
と思いながらも
当時の自分で商品として
思い付くのは
それしかありませんでした。

でも不思議と感じたことは
この時から自分のやりたいことが
少しずつ形になって
いくのがわかりました。




そしてこの年から私は
お菓子などで型どりするのをやめ
原型から自分で手がけていこう!
と決めたのでした。


それではまた明日(*´∀`)







Twitterやってます!
お気軽にフォローしてください♪

@ramuneid
-----