こんにちは。

今日は基本の材料の話シリーズの最終回

原型に使用する2種類のメイン素材
について説明していきたいと思います。





これまでの基本の材料の話

基本の材料の話①

基本の材料の話②

基本の材料の話③

あくまでも私の場合の作り方です。



表題のとおり、原型作成において
主に2種類の素材を使います。




その① 石粉粘土

原型の大まかな土台をこれで作ります。



ちなみに石粉粘土の完全硬化まで
丸3~4日もかかります。

私の場合は2日くらい置いてから
エポキシパテで細かい部分を造形します。
(石粉粘土製の土台に盛り付けていく)





その② エポキシパテ

コチラ
※私が普段使用しているエポキシパテを只今切らしているのでリンクを貼っておきます;
ちなみにタミヤさんのエポキシパテです。


エポキシパテの硬化時間は
パテの種類によってまちまちですが
だいたい丸1日経過すれば削れます。


リューターなどで削ってその後に
「サーフェイサー」と呼ばれるスプレーをかけて完全乾燥させます。




そうして出来たのがコチラの原型です。




原型ができるまでをざっくりまとめると


(①)石粉粘土で土台を作る。
(丸2日乾かす)
   
(②)エポキシパテで土台に盛り付けつつ
細かい部分を造形していく。
(丸1日乾かす)
   
(③)リューターなどで削っていく。
   
(④)サーフェイサーをかける。
(丸1日乾かす)
   
(⑤)耐水性紙ヤスリで水研ぎする。

※ここで原型に不備があれば(②~⑤を繰り返す)


という感じになります。



原型作成はどうしても工程が多いので
最初はかなり大変に感じるかもですが

自由自在に作成できるようになると
作品制作の幅がグーンと広がります!!


なのでぜひ
原型作成にもチャレンジしてみることを
強くオススメしたいと思います!( ̄- ̄)ゞ


とは言っても

私も原型作成し始めたのは
たった2年前からなんですけどね(笑)。
粘土細工が下手で苦手だったので!




それではまた明日~( *・ω・)ノ






Twitterやってます!
お気軽にフォローしてください♪

@ramuneid
-----