こんにちは。本日から3回くらいに分けて
ここで改めてレジンの話をしたいと思います。

ちなみにレジンとは「樹脂」という意味です。
樹脂だと堅苦しいからレジンという呼び名になったといわれています。




ここ数年でだいたいの手芸屋さんやホームセンターでもレジンを取り扱うようになりましたが「レジン=UVレジン」という認識がまだまだ強いのかな、と思います。


UVレジンとはUV(紫外線)に当てると硬化する性質の樹脂(素材)です。

ネイルアートをやっている人ならご存知かと思いますがUVランプ(通称)という機器に入れて数分ほど紫外線をあてて硬化させます。


UVランプ
image

「UVライト」ともいいます。




私はご存知のとおり「エポキシレジン(エポキシ樹脂)」という透明の樹脂を使用してアクセサリーを制作しています。

エポキシレジンはUVレジンと違って制作過程がやや複雑です。コツもいります。
道具も色々必要ですし着色料もラメも色々揃えることがあります。




それに比べてUVレジンは初心者でも比較的かんたんに制作できますから「レジンの代名詞」のように普及するのはわかります。

ただし!レジン=UVレジン “だけではない” 。
ということは忘れないでいただきたいです。



ではなぜ私は未だにUVレジンのみではなく
エポキシレジンをずっと使用しているのか。

UVレジンよりはるかにコツも道具もたくさん必要なエポキシレジンをずっと使用しているのか。
それにはちゃんとした理由があるのです。


その件はまた明日のブログで(๑ ᄇ )ノ゙




★☆★☆★☆★☆★☆★☆

オーダー・修理も承っております。
お気軽にお問い合わせくださいませ。
ramuneid.peach☆gmail.com
(☆を@に変えて送信してください)
オーダーに関するガイドラインはコチラ。


【次回イベント出展のお知らせ】
★8月27日(土)・28日(日)
真夏のDESIGN FESTA + GAKUTEN 2016
(東京ビッグサイト)


Twitter
ramuneid

Instagram
ramuneid

★☆★☆★☆★☆★☆★☆